建築家の仕事-手描きのスケッチ-

画像

先週は現場監理と事務所でスケッチをしていました。どのように家を創るのか?よく聞かれることです。まずは、敷地を拝見し光と風の流れを感じること、そしてご要望を良く聞くこと。そうした上で、スケッチを始めます。スケッチはロールのトレーシングペーパーと昔懐かしい消しゴム付のBの柔らかい鉛筆を使います。様々なことをイメージしながらスケッチします。最初は形にもなりません。でも、その繰り返しが私にとっては大切な過程です。若い建築家の方は最初からパソコン、CADを使ってデザインする方もいるでしょう。私は図面を描くのはもちろんCADですが、最初のスケッチ、空気を創りだしていくには、紙と鉛筆、ペンに頼ることが多いです。そんな時が、一番楽しいときでもあります。そして、空気、心地よさ、想いを伝えられるスケッチをしたいと思っています。
画像

"建築家の仕事-手描きのスケッチ-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント