テーマ:想い

引き渡し前の施主確認

聖跡桜ケ丘の住宅の引き渡し前の施主確認です。同時に建築確認の検査も行いました。竣工検査は何の問題もなく合格。お施主さんによる確認も無事終了。外部のデッキ等、お引越し前には完了します。昨年、最初にお会いした時は、まだ、あかちゃん という感じだった あ~ちゃんもしっかりして、女の子らしくなってきました。一年という歳月あっという間でした。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

しゅうさえこ30周年記念コンサート

今日、さっこねえさんから30周年記念コンサートのお知らせが届きました。NHKの「おかあさんといっしょ」のおうたのおねえさんです。私の卒業した東京芸術大学は音楽学部と美術学部の2つの学部しかない不思議な大学です。さっこねえさんとは大学時代からの友人で、同じ年に卒業しているので、私も30年建築の仕事に取り組んだことになります。さっこねえさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修験道による地鎮祭

今日は地鎮祭でした。地鎮祭にもいろいろな作法があります。多くとりおこなわれているのは神式。そのほかにもキリスト教式や、今日行ったのは修験道による地鎮祭でした。 祭壇の設置仕方も鎮め物も当然、作法も違っていました。ほら貝を吹いたり、呪文?(間違っていたら失礼)を唱えたり、迫力がありました。 土地の悪霊も退散したことでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエのある家-天と地の恵みを受ける家-画家の個展のお知らせ

天と地の恵みを受ける家はアトリエのある住宅です。画家である施主が9月10日より銀座のみゆき画廊で個展を開催します。詳細はみゆき画廊のHPをご覧ください。 設楽俊個展 http://miyuki-gallery.com/f.html 地中熱と太陽熱を利用した天井の高いアトリエ空間でどのような作品が生み出されるのか楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家の仕事-手描きのスケッチ-

先週は現場監理と事務所でスケッチをしていました。どのように家を創るのか?よく聞かれることです。まずは、敷地を拝見し光と風の流れを感じること、そしてご要望を良く聞くこと。そうした上で、スケッチを始めます。スケッチはロールのトレーシングペーパーと昔懐かしい消しゴム付のBの柔らかい鉛筆を使います。様々なことをイメージしながらスケッチします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶室のある住宅ー建築家のこだわり―

今、茶室のある住宅の設計に取り組んでいます。建築家は何事にもこだわり、建物の配置から間取り、窓の位置や大きさ、材質や色・・・あらゆるものにこだわりながら設計しています。茶室となるとまたまた、いろいろ気になるところも出てきます。今日は建具をデザインしていました。障子です。ただの障子なのですが縦枠の寸法を24㎜、27㎜、繊細に21㎜?桟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめまして、こんにちは、お久しぶりです

5月18日 伊豆下田へ行ってきました。20代最後の年に担当した下田市民文化会館。15年間に設計したペンション「吞美里」さん。おしいし干物屋の長谷松水産。行くたびに通っている蕎麦屋のいし塚。懐かしい方たちに大勢お会いしてきました。その方たちにホームページ楽しみにしているけど最近更新してないね・・・そう2年も更新してませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more